新規無料会員登録
会員登録いただきますとお買い物毎に1%ポイント還元!
更に毎度のお買い物がスムーズ!
メルマガ登録・解除・変更
FAX注文書印刷画面へ⇒
 
MENU
高山ラーメン
醤油味
みそ味
飛騨中華そば
醤油味
塩味
豚骨味
飛騨獅子中華そば
うどん・そば
その他商品
 
ポイント10%還元贈り物ギフト
ブログほんのり味な日誌

麺屋九代目の店長日記

いつもお世話になっております。
店長の麺屋九代目こと老田英司です。
「餅は餅屋、麺は麺屋☆」
製麺屋のおいしい麺をぜひ召し上がって頂きたいです。
麺の老田屋は創業明治34年、中華そばは昭和21年より製造、昭和48年には「飛騨高山らーめん」の商標で最初にお土産用麺を売り出した老舗です。

麺には合成保存料(プロピレングリコール、ソルビン酸、焼成カルシウム等)を一切使用することなく、小麦の香りのたつ麺となっております。

なのに、賞味期限は製造より60日と、御贈答用にも最適です。
麺のヒミツは、・・・実は麺に地酒を六種類ほどブレンドして練りこんであるんです。
その他にもおいしい麺の製造方法のヒミツは・・・、ブログなどにも書いてありますので、また見てください。
■店長日記はコチラ↓
【元祖高山らーめん・麺の老田屋ほんのり味な日誌】
http://ameblo.jp/oidayablog/
店長日記はこちらから

携帯ページ

 

代金引換 銀行振込 郵便振替 コンビニ
HOME»  MENU»  こだわり

こだわり

高山ラーメンへのこだわり
創業明治三十四年 高山ラーメンの元祖水にこだわり、麺にこだわり、添加物を一切使用しないおいしい高山ラーメンを仕上げました。
飛騨のおいしい水や空気をいかした製品
飛騨のおいしい水や空気をいかした製品 老田屋では、水にこだわっています。 神岡は水源全体が「大洞湧水群」と呼ばれる湧き水であり、この良質の水を工場内のどの蛇口をひねっても出るようになっています。
引いてきた水をさらに3種類のフィルターにかけて濾過し、いい水をさらにおいしくする工夫をしています。
熟練の技術と勘。そして研究の積み重ね
熟練の技術と勘。そして研究の積み重ね ←当店自慢の工場長です。
当店の製品は「おいしさを持続させた上、日持ちさせる」というところに細心の注意をはらいます。
ここには長年培ってきた独自の手法があります。当店の麺の特徴としては、「食は生命産業」「医食同楽」を信条に余分な添加物(プロピレングリコール・ソルビン酸・焼成カルシウム等)を一切使用しない麺です。そのため、小麦の香りの立つ麺となっております。

主原料の小麦粉は遠赤外線処理された袋で保管し、製造工程も衛生的に管理することにより、常温でも約2ヶ月の賞味期限があり、すべてのお客様に安心・安全に食べていただくことができます。 御贈答用にも適しております。
「食は生命産業」
「食は生命産業」

老田屋では、「食品は健康的でおいしくあるべき」と考えています。だから、徹底的に素材にこだわり、無添加にこだわり、製品をつくってきました。
当店に長く勤める職人たちが、一品一品丁寧に作っております。飛騨のおいしい水や空気をいかした製品で「こんなにおいしいのか!」と感動して食べていただけたら本望です。
手軽に食べられるカップラーメンもいいですが、当店の製品は、ちょっと手間をかけて家庭で味わっていただくにはうってつけの味です。ゆっくりと、味わっていただきたい味です。

「麺の違い」をぜひご堪能されませんか?

創業明治34年
屋号は1800年ころから、5代目が製麺業をはじめ100年をこえました。『食は生命産業』を信条に麺に余分な保存料(プロピレングリコール、ソルビン酸、ソルビット、焼成カルシウム等)を一切使用しておりません。
元祖高山ラーメン
飛騨では、ラーメンのことを中華そば、支那そばと呼び、もっとも親しまれてきた麺類です。その食を支えてきた老田屋は、昭和48年に高山への観光土産として「飛騨 高山ラーメン」を最初に発売しました。
最近では「高山ラーメン」は県外でも作られるようになりましたが、お土産市場では最も販売シェアを頂いております。
麺の取組み
余分な保存料を使用しない「ご奇特な」こだわり麺は、着実に評価されました。
【1】全国の食にこだわりを持つ社員食堂や業務店へ麺を卸すだけでなく、大手居酒屋チェーンやシダックス等の
   御取り扱いもあります。

【2】岐阜県でもその麺の素材のおいしさを評価され、県の特産品指定『飛騨美濃すぐれもの』にも認定されております。

【3】県の記念公園「日本昭和村」
岐阜県の記念公園「日本昭和村」(美濃加茂市)で、『昭和を髣髴とさせる素朴な味わいを』というコンセプトで県内の製麺、ラーメンすべてを試食にて評価され、結果、ラーメンにつきましては、すべて老田屋がプロデュースしております。