×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  高山ラーメンへのこだわり

高山ラーメンへのこだわり

創業明治三十四年 高山ラーメンの元祖
水にこだわり、麺にこだわり、
添加物を一切使用しないおいしい高山ラーメンを仕上げました。

飛騨のおいしい水や空気を生かした製品

飛騨のおいしい水や空気を生かした製品

老田屋では、水にこだわっています。 神岡は水源全体が「大洞湧水群」と呼ばれる湧き水であり、この良質の水を工場内のどの蛇口をひねっても出るようになっています。
引いてきた水をさらに3種類のフィルターにかけて濾過し、いい水をさらにおいしくする工夫をしています。

熟練の技術と勘。そして研究の積み重ね

熟練の技術と勘。そして研究の積み重ね

当店自慢の工場長です。
当店の製品は「おいしさを持続させた上、日持ちさせる」というところに細心の注意をはらいます。 ここには長年培ってきた独自の手法があります。当店の麺の特徴としては、 「食は生命産業」「医食同楽」を信条に余分な添加物(プロピレングリコール・ソルビン酸・焼成カルシウム等)を一切使用しない麺です。そのため、 小麦の香りの立つ麺となっております。

主原料の小麦粉は遠赤外線処理された袋で保管し、製造工程も衛生的に管理することにより、常温でも約2ヶ月の賞味期限があり、すべてのお客様に安心・安全に食べていただくことができます。 御贈答用にも適しております。

「食は生命産業」

「食は生命産業」

老田屋では、「食品は健康的でおいしくあるべき」と考えています。だから、徹底的に素材にこだわり、無添加にこだわり、製品を作ってきました。
当店に長く勤める職人たちが、一品一品丁寧に作っております。飛騨のおいしい水や空気をいかした製品で「こんなにおいしいのか!」と感動して食べていただけたら本望です。
手軽に食べられるカップラーメンもいいですが、当店の製品は、ちょっと手間をかけて家庭で味わっていただくにはうってつけの味です。ゆっくりと、味わっていただきたい味です。
「麺の違い」をぜひご堪能ください。

◆創業明治34年
屋号は1800年ころから、5代目が製麺業をはじめ、100年が経過しました。『食は生命産業』を信条に麺に余分な保存料(プロピレングリコール、ソルビン酸、ソルビット、焼成カルシウム等)を一切使用しておりません。
◆麺の取組み
余分な保存料を使用しない「ご奇特な」こだわり麺は、着実に評価されました。

【1】全国の食にこだわりを持つ社員食堂や業務店へ麺を卸すだけでなく、大手居酒屋チェーンやシダックス等でも御取り扱いがございます。

【2】岐阜県でもその麺の素材のおいしさが評価され、県の特産品指定『飛騨美濃すぐれもの』にも認定されております。

【3】岐阜県の記念公園「日本昭和村」(美濃加茂市)で、『昭和を髣髴とさせる素朴な味わいを』というコンセプトで、老田屋がラーメンをプロデュースしております。製麺、試食等、すべての項目で高い評価をいただきました。